AFFIRMATION


アファメーションのやり方をご紹介します!

アファメーションというものをご存じでしょうか?私はアファメーションをおすすめしています。ご存じない方のためにご紹介していきます。

 

アファメーションは、頭の整理

アファメーションとは、簡単に言えば「願い事を紙に書くだけで叶っていく」というものです。これだけ聞くとかなりアヤシイ話ですね。しかしアファメーションは、精神医学に基づいた治療の一つと言われています。どこがそんなにいいのでしょうか。

 

まず、条件に適った書き方で紙に書く願い事を書きます。箇条書きです。簡潔に短く書きます。

ここです!自分の願い事というのは、普段意識していなければぼんやりしていて、うまく短文に収めることができないのが普通です。しかし短い文章で簡潔に書けるよう、普段よりしっかり考えてまとめます。

これが良いのです。自分の願い事とはいったい何なのか?本当は何を望んでいるのか?欲しいと思っていたけど本当は必要ないかもしれない。じゃあ書くのはやめよう。これがあると幸せになれそうだな。じゃあ書いてみよう。

こうやって考えをまとめて簡潔にまとめて書いた一文は、濃縮したあなたの願いです。絞れなかったうすぼんやりした考えを濃厚な一滴に出来た事で、より明確な希望を出すことに成功します。

 

このようにして、条件に合った書き方をしていくと、頭の整理が出来てやりたいことが明確になります。自分を知ることが出来たのです。

アファメーションの条件

アファメーションには条件があります。すべての条件を満たすよう行っていきます。

  1. 願い事を書く紙は何でも良い。
  2. 願い事は箇条書きで書く。
  3. 願い事はしっくりした言葉で書く。
  4. 書いて違和感がある時は書かない。
  5. 願い事はなるべく詳しく簡潔に書く。
  6. 願い事は書き始めを「私は」で書く。
  7. 願い事は自分を苦しめる内容にしない。
  8. 願い事は書き終わりを叶ったように過去形で書く。「~したい」ではなく「~が叶って幸せだ」という風に。
  9. 叶った後の姿を想像してみる。
  10. どうしても優先して叶えたい願い事は、多角的に何回も書いて良い。
  11. 他人の願いは必ず「私は」という文章に変換する。「Aちゃんに良い仕事が見つかって嬉しそう」ではなく「私はAちゃんの仕事が見つかってAちゃんと同じ様に嬉しい」など。
  12. 定期的に行い、願いが叶わないうちは毎回書いて良い。

アファメーション文を書いてみましょう

それでは書いてみましょう。書き方の例を挙げてみます。

  • 私は、体重が3キロ痩せて、お腹周りがすっきりしました。
  • 私は、センター試験で良い点が取れて、受験に自信がつきました。
  • 私は、会社で新しい商品を開発し、見事ヒット商品を世に送り出すことが出来ました。
  • 私は、胃腸の不調を克服し、気分もすっきりしました。

などなどです。分かりやすい例でダイエットがあります。

ダイエットでは、脂肪を減らしたい人と筋肉をつけたい人といます。脂肪の中でも内臓脂肪と皮下脂肪があります。

詳しく簡潔に書く時には、ダイエットでどこをどうしたいのか詳しく書くのがポイントです。「体重が3キロ減ってお腹周りがすっきり」と書くことで目的がより明確になります。突き詰めて考えるのがメリットでもありますので、普段慣れていなくても、文章を書く時は突き詰めて書きましょう。

アファメーションとはなにか?

アファメーションとは、行動を起こすためのツールです。自分に発破を掛けるのです。目的が分からなければ本来行動することが出来なくても、目的が明確なら最短距離を進めます。進んだ結果望み通りになるのです。

願いは、自分で叶えるのです。神頼みではありません。似たようなもので、仕事のToDoリストがあります。一番上からクリアするように仕事をしていきますよね?アレのようなものです。

自分には本来幸せになるための行動力があるのです。しかし小さい頃に周囲の人によって形成された自分への禁止行為やメンタルブロックなどで、なかなか行動できません。脳が反対しているからです。

これうまーく交わして、自分の望みを明確にし、より最短距離で願いを叶えましょう。

 

そして何回も書いたり、書く内容をじっくり考えたり、書いた内容を目にしたりして頭の中に刷り込んでいるのです。これは無意識なので、いつもイメージしなくて大丈夫です。

イメージするのが苦手でもOK。大事なのはイメージすることではありません。自分が幸せになれる方法を自分で考え書き出しまた見て刷り込むことにあります。

最後は忘れてしまって構いません。刷り込まれているので、頭の中にはちゃんと入っているのです。

天然のカレンダーのリズムで行う

私は、アファメーションを月に2回行っています。タイミングは、満月と新月です。

天体の動きばかりはどうやっても一定で訪れます。定期的に行うにはもってこいなのです。

そして満月には「手放したいもの」を、新月には「欲しいものを」書いています。これは月がその後しぼんでいくか膨らんでいくか、動きに合わせて書いているためです。

先ほどのダイエットであっても、脂肪はいらないけど筋肉は欲しい、などいらないものと欲しいものが出てきます。

なんでも欲してばかりでは手に抱えられなくなります。なので、自分の頭の中の在庫整理をするのです。現在必要なければ手放してしまいます。必要であれば、欲します。

これでよりスムーズにアファメーションが行えます。

本当言うと、こんな理由はどっちでもいいのです。占い師的に月のリズムで行うアファメーションは、神秘的で面白いからやるんです。

ぜひアファメーションを楽しみましょう!

私がアファメーションを紹介したサイトです。文字をクリックしてね↓

趣味サーチ

不思議ネット